ネジレ加工

切削工具をスパイラル状にしていますので、切削抵抗が抑えられて切削加工熱を低減することが出来ます。
切るくずの排出はスパイラル溝に沿って出て来ますので加工中での工具破損を防ぐ事が出来ます。
各種切削工具をネジレ使用にできます。

切削効率と精度を保ちながら向上させます。切りくずの排出性が良くなり切りくずつまりを防ぎ欠損が少なくなります。切削抵抗が少なくなるので送り速度が上げられてリードタイムの短縮が図れます。

性能アップ
短納期
コスト削減

事例

ネジレバニシングドリル・リーマ
バニシングドリルは、バニッシュ作用を伴った切削加工で真円度や面粗度を追及しています。
通常はで最大限にバニッシュ作用を活かすように直溝タイプで製造します。
鋳鉄系の材料は、直溝タイプのバニシングドリルが最適ですが、アルミニウム合金や鋼合金などでは、構成刃先が発生しやすく切削加工に支障をきたす事があります。
そのような場合にネジレバニシングドリル・リーマで切削抵抗を少なくして構成刃先対策で良好な切削加工が可能になります。
ネジレリーマ
リーマの場合は直刃がほとんどの用途に適用されます。
切りくずの長い被削材などの貫通穴加工に適しており、ねじる事でビビリを防止する作用もあります。
右ネジレは切れ味がよく切りくずの流れも良いので、良好な仕上面になりステンレスや鋼合金に適しています。
左ネジレは擦り効果が大きく、仕上面が良くて安定した穴加工ができ、アルミ、銅、鋼等で採用さます。
エンドミル
直刃タイプとネジレ刃タイプがあり、主流はネジレ刃タイプです。
ネジレ角がきつくなるとスクイ角もきつくなっていき切削抵抗が少なくなり高速送りが出来ようになり面粗度も良くなります。
反面、刃の強度が弱くなるため重切削に用いる場合は注意が必要です。
ドリル
ドリルのネジレ角は、ゆるくなると切りくずの短い銅合金、マグネシウム合金、プラスチック等に適し、きつくなると切れ味は良くなり切削抵抗は減少し軟鋼や純アルミ等の切りくずの長い被削材に適用され、切削熱の影響で加工硬化をするステンレスに有効です。

お問合せ・見積り・カタログ請求

株式会社ソリッドツール

info@solidtool.co.jp

〒581-0851 大阪府八尾市上尾町5-1-12
切削工具のことならお気軽にお問合せ下さい。
お問合せ・ご相談カタログ請求はコチラ お見積りはこちら
  • お電話でのお問合せはこちらから 072-925-6334
  • FAXでのお問合せはこちらから 0729-25-6335

切削工具のお悩み解決提案

お悩み解決方法一覧

営業品目

切削工具に関するお問合せ・ご相談カタログ請求|切削工具で困ったことがあればお気軽にご相談下さい。

カタログダウンロード

設備紹介

お問合せ・カタログ請求

株式会社ソリッドツールホームページ専用ダイヤルTEL:072-925-6334

〒581-0851
大阪府八尾市上尾町5-1-12
FAX:072-925-6335
Mail:info@solidtool.co.jp

お問合せ・ご相談カタログ請求はコチラ

見積依頼はコチラ

営業品目
切削工具、超硬加工、 超硬切削工具、バニシングツール 、座繰カッター、 エンドミル 、ドリル 、Tスロットカッター 、平錐 、センター、スリッター、メタルソー、バイト、スロアウェー 、オイル穴付切削工具
その他、各種超硬加工に柔軟に対応いたします 。
メールマガジン超硬切削工具メーカーの挑戦

メールアドレス


お名前

ひとこと


ドリリー君

 

このページの先頭へ戻る